おひとりさま現役パラレルワーカーフクコろぐ

これからの会社員は、複数の収入源をもとう! 会社に翻弄されずアナタらしく仕事ができる。 そんなパラレルワーカーを広めるフクコのブログです。

【令和版】仕事がつらいしんどい辞めたい人へ乗り越えるための2つの提案

f:id:fukuko-parallel-work:20210313224058j:plain

こんにちは!

現役パラレルワーカー フクコです。

f:id:fukuko-parallel-work:20210212204833p:plain

 

毎日毎日もう、本当に仕事がつらい、しんどい

どんなにイヤだと思っても我慢して、一生懸命頑張ってきたけれど、

もう我慢の限界かもしれない。

体調も悪くて、夜も眠れない、

もう会社なんか辞めたい!

…でもやっぱり辞められない。

こんな自問自答をつづけている方も、

とくに最近のコロナ禍の不景気が続く中、多いのではないでしょうか?


私もプロフィールの最初に書いたように、

気がついたら体調を崩して、頻繁に病院に通う時期があり、

まさに負のループが続いていた時期がありました。

なので、仕事がつらい、しんどい、辞めたいというお気持ちは

本当によ~くよ~くわかります。

私もそうでしたから。


ただ、今はバリバリの外資系会社員で、

仕事が忙しすぎる時もあるものの

メンタル面は強くなり、仕事がつらい、しんどい、辞めたいとは

思っていないんです。

では、なぜ私はメンタル面が強くなることができたのか?

どうやって仕事がつらい、しんどい、辞めたいを乗り越えることができたのか?

乗り越えるための2つの提案をフクコ的にしていきたいと思います。


この記事で分かるコト

  • どうして仕事がつらい、しんどい、辞めたいのか根本的な理由
  • アナタの生殺与奪件を会社が握っている悲しい事実
  • 仕事がつらい、しんどい、辞めたいを克服する2つの提案とは?


 

どうして仕事がつらい、しんどい、辞めたいのか根本的な理由


そもそも、どうして仕事がつらい、しんどい、辞めたいと思っている

会社員のヒト達って多いのでしょうか?

多分、みなさん最初から仕事がつらいとか、

しんどいとは思っていないと思います。

最初はやる気に満ちていたと思います。

なぜそれが、今ではすっかり興味を持たずに、

むしろ仕事がつらくなるのでしょうか?


答えは、

「会社がアナタの生殺与奪件を持っていると気づくから」です。

 

会社がアナタの生殺与奪件を持っているという悲しい事実


アナタが会社員だというコトは、

毎月決められたお給料の対価として

アナタの時間が会社に拘束され自由に使われるということを意味します。

そして問題はこの毎月決められたお給料が入ってくる、というところです。

 

そんなの仕事をして会社に拘束されているんだから

対価をもらうのは当たり前だと思われると思います。

おっしゃるとおりです。

ただし、その毎月決められたお給料が入ってくる状態に慣れるというコトは

逆に、「毎月お給料をもらうには会社や上司に従うしかない」という

会社の方が圧倒的に有利な状態をいつの間にか作り出しています。


ある意味、「会社がアナタの生殺与奪件を持っている」ことになります。


そして、

会社員の給料って、ボーナスとか残業代をのぞいて

年収で月々決まっていることが多い
ですよね。

すると、会社側からみると

よりたくさん働いて稼働してもらった方が元が取れます。

逆に、会社員側からみると

働けば働くほど、毎月の給料が固定なため、時給が下がっていきます。

毎月の決まった給料(人件費)で


社員をガンガン稼働させ、元以上を取りたい会社

毎月の固定給料を支払ってもらうために、

会社や上司の要望に従わざるを得ない会社員。


うーん、どう考えてもやっぱり会社員が不利だと思いませんか?

だって、向こうはぶっちゃけアナタじゃなくてもいいと思っていますよね?


会社は、「元さえ取れれば、支払う相手は誰でもいい」のです。

そして、会社や上司から別にはっきりとは言われないものの

従わなかったり、仕事量が多いとか、休暇が取れないとか、

文句を言えるような立場じゃないのは

なんとなく感じたりするのではないでしょうか?

一見、

会社も会社員もお互い対価を支払っている平等的な立場にありそうですが、

「会社がアナタの生殺与奪件を持っている」
と言ったのはこの理由からです。

 

仕事がつらい、しんどい、辞めたいを克服する2つの提案

では、仕事がつらい、しんどい、辞めたいを

克服することはできないのでしょうか?

いいえ、そんなことはありません。

ただし、それにはちょっと考え方を変える必要があります。

順番に説明しますね!

克服方法その1:アナタがいないと上司が困る状態を作る


仕事がつらい、しんどい、辞めたいの

克服方法その1は、

ズバリ、アナタがいないと上司が困る状態を作ってしまうことです。

はい? 

さっき会社は「アナタがじゃなくても元を取れるならぶっちゃけ誰でもいい」

っていうスタンスだって言ったじゃないか、と思いますよね。笑

そのとおりです。

ただし、それは「アナタがみんなと同じスキル」な場合です。

たとえば、

私が別の記事でお伝えした↓ように

 

www.fukuko-parallel-work.com

 

文系会社員もこれからは必ずプログラミングが必須になります。

ですが、プログラミングができる文系社員はまだまだ圧倒的に少ないのです。

文系のヒト達は理系なプログラミングが苦手と決めつけているヒトが

多いですから。

すると、アナタが非IT系の部署で文系なのにプログラミングができるとなると、

それだけで部署でのアナタの立ち位置は有利になります。

「アナタの部署内で本当はニーズがあるのに、まだみんなが持っていないスキル」

それは、私の例に挙げたプログラミングでも、英語でもなんでもいいです。

そのスキルを獲得するのにハードルが高ければ高いほどいいです。

それを持っていると部署をまとめている上司に喜ばれるスキル

これをみつけて、

アナタ自身の方が部署の同僚や後輩よりも必要と思わせます。

そうすると何が起きると思いますか?

上司はアナタに辞めてもらいたくないですから、

こちらの要求も聞いてくれるようになります。笑

そして、結構な確率こちらから何も言わなくても

上司はアナタの機嫌を損ねたくないのと

上司自身も部署を円滑にまとめていくため

メンドウな仕事とか雑用とか誰でもできる仕事

アナタのライバル同僚や後輩たちに分配してくれ

アナタしかできない仕事をまわしてくれるようになります。

この方法は、日本では珍しいかもしれませんが、

能力主義アメリカでは結構よくみかけます。

 

克服方法その2:会社員以外の収入源を作る


仕事がつらい、しんどい、辞めたいの

克服方法その2は、

「会社員以外の収入源を作る」です。

仕事がつらくなるのは、

会社にアナタの毎月のお給料が人質にとられているみたいな状況だからです。

そうするとイヤだと思っても、イヤだと言えない。

耐えるしかない、そうするとしんどい、辞めたいとなります。

それなら、会社からのお給料とは別の収入源を得てしまえばいいのです。

私は、

現在パラレルワーカー会社員以外で2つの収入源を得ています。

なので、

「ぶっちゃけ別にいつ会社を辞めても大丈夫」、と常に思っているんですよね。

そうすると、どうやらその余裕感はまわりや上司にも伝わるらしく

私じゃなくても誰でもできる仕事をまわされたことはないんですよね。

イヤならいつでも辞められるという余裕感は、

アナタのストレスや不安をビックリするほど減らしてくれ、

仕事がつらい、しんどい、辞めたいと思わなくなります。

【まとめ】仕事がつらいしんどい辞めたい人へのおススメ、パラレルワーカー

 

仕事がつらいしんどい辞めたい人へ

乗り越えるための2つの提案をしました。

やっぱりフクコが何よりもおススメしたいのは、

会社員以外の複数の収入源を持つ、パラレルワーカーになるということです。

気になる方はこちら↓

 

www.fukuko-parallel-work.com

 

そのあたりを、少し考えるきっかけとなれれば幸いです。


長文を最後までお読みくださり、どうもありがとうございます。

フクコ